坂井忠平 経歴

1957年  東京生まれ
1982年  多摩美術大学美術学部建築科卒業
1982年〜 都内の設計事務所勤務
1990年〜 環境問題を意識しはじめる
      勤務のかたわら、
      社寺建築や民家をたずねて
      各地をまわる
2003年  坂井忠平一級建築士事務所開設
2003年〜 木造建築物を中心に設計業務をおこなう

原点に帰ってやり直す

もうやめよう、こんな馬鹿げたことは。

男65を目前にして思う。
私は目覚める、
未来のために、

未来の庶民の家を考えよう。
未来のために徹底的に考えよう。
未来のために原点に戻って考え直そう。
未来のために原点に戻って最初からやり直そう。

遠い遠い遠まわりかもしれないけれど、
未来のためには最も近道だと信じて、
私は私の道をすすむ。

もうやめよう、こんな馬鹿げたことは。
私は宣言する。

脱炭素への最も近道は、
設計をしないこと。

だから私は建築家として、一級建築士として、
堂々と設計をやめる。

日本に生まれた一級建築士として世界の潮流に流されず、
世間が三流建築士か、それ以下の建築家かと笑おうが、
私は私の道をゆく。

たとえ、建築基準法や省エネ法に違反しようとも、
私の信じた道をゆく。

だから私は為政者が唱える明るい未来には同調しない。
だから私は明るい未来を信じている人々の夢を壊したくないから、
ひとり孤高の道をゆく。

原点回帰

それは木と土と草の家をお手本とした、
日本の風土に育まれた真の意味でのサステナブル建築、
エコハウスの真髄から学びなおそうと思う。

幸い私は友人に恵まれている。
私の馬鹿馬鹿しい考えに共鳴してくれる愛すべき
友人、知人、先輩後輩、家族がいる。
だから私はブレずにわが道をゆく。

きっとその先に明るい未来があると信じているから。

令和3年9月

「原点回帰」のページへ